シリーズ > 歴史人物 > 007 井伊直弼

2018-03-10 2018-03-10

井伊直弼(いい なおすけ)

Naosuke II:(1815 - 1860)

(江戸時代末期の大老) 江戸幕府末期の実力者。彦根藩主でしたが幕末の動乱に大老として抜擢されました。大老に就任後は開国などを行い、反対者を安政の大獄で処罰するなどしました。しかし、その強硬な政策は尊攘派の反感を買い、桜田門外の変で暗殺されました。

【基本データ】

名前 井伊 直弼( いい なおすけ )
生没年

文化12年10月29日 - 安政7年 3月 3日

(Nov.29,1815 - Mar.24,1860 )

改名

幼名:鉄之介→鉄三郎

別名

諱:直弼

雅号:埋木舎(うもれぎのや)、柳王舎(やぎわのや)、柳和舎(やぎわのや)、緑舎、宗観(そうかん)、無根水・无根水(むねみ)

渾名:井伊の赤鬼

生誕地

彦根城二の丸(近江国犬上郡)

現:滋賀県彦根市金亀町

死没地

江戸城桜田門外

現:東京都千代田区霞が関

戒名 宗観院柳暁覚翁
官位 従四位下侍従兼玄蕃頭、左近衛権少将、掃部頭、左近衛権中将、従四位上、正四位上
墓所

豪徳寺(井伊家菩提寺、東京都世田谷区)

天応寺(下野国佐野、栃木県佐野市)

天寧寺(滋賀県彦根市)

役職

近江彦根藩主

江戸幕府大老(1858-1860)

父母

父:井伊直中(彦根藩主)

母:お富の方

養父:井伊直亮(実兄)

兄弟姉妹

直清:

穠姫:蜂須賀斉昌(阿波徳島藩第12代藩主)正室

直亮:近江彦根藩第14代藩主、直弼の養父

中顕:

中川久教:豊後岡藩第11代藩主

内藤政成:三河挙母藩第4代藩主

松平勝権:下総多胡藩第6代藩主

直元:

内藤政優:三河挙母藩第4代藩主

内藤政義:日向延岡藩第7代藩主

(正室)

 昌子:丹波亀山藩主、松平信豪女

(側室)

 千田静江(千田高品の養女、秋山正家の娘)

 西村里和(西村本慶の娘)

直憲:彦根藩主

直咸

直安:越後与板藩第10代藩主

直達

弥千代:讃岐高松藩第11代藩主、松平頼聰の正室

待子:美濃国郡上藩第7代藩主、青山幸宜の正室

その他  

【生涯】

文化12年(1815)

彦根藩主、井伊直中の子として彦根城二の丸で生まれる

天保 2年(1831)

17歳:彦根城三の丸の屋敷(埋木舎)に移り住む

弘化 3年(1846)

32歳:世子であった兄、直亮の死に伴い、彦根藩の後継者となる

嘉永 3年(1850) 36歳:彦根藩主に就任
嘉永 5年(1852) 38歳:丹波亀山藩主、松平信豪の次女、昌子と結婚
安政 5年(1858)

44歳:大老に就任

安政の大獄(〜59)

安政 7年(1860) 46歳:桜田門外の変により暗殺される

 

< 006 天草四郎 ¦ 008 二宮金次郎 >

井伊直弼像

@彦根城(滋賀県彦根市)

 

衣冠束帯姿の井伊直弼

井伊直弼の歴史的な評価はどうなんでしょう。イメージの悪さが先行している気もしないでもないです。

考えてみれば、石田三成、明智光秀など滋賀県ゆかりの歴史人物は評価が分かれる微妙な人物が多いですね。

▲top