トップ > シリーズ > 教科書に出てくるお寺 > 013宝厳寺

宝厳寺 Hogon-ji Temple

「山門の中に遊郭があるなんて前代未聞の現象だ」夏目漱石

「少し散歩でもしよう。北へ登って町のはずれへ出ると左に大きな門があって門の突き当りが御寺で左右が妓楼である。山門の中に遊郭があるなんて前代未聞の現象だ。」 夏目漱石の小説『坊ちゃん』にみる寶厳寺です。現在もネオン坂と呼ばれる歓楽街があり当時の雰囲気が残っています。

 

宝厳寺 山門

山門 San-mon ( Main gate )

愛媛県指定史跡。寺伝によると、天智天皇4年(665)国司乎智宿弥守興(おちすくねもりおき)が天皇の詔により建立、正応5年(1292)再建され、時宗にあらためました。

 

宝厳寺 一遍上人誕生所跡

一遍上人誕生所跡

踊念仏で有名な時宗の開祖、一遍は源平の合戦で勇名を馳せた河野通信の子通広の次男として、延応元年(1239)にこの地で生まれたとされています。後に熊野権現に参り修業に努め、時宗を開き、全国各地を旅しながら踊念仏を通して浄土教を広めました。踊念仏とは、念仏にあわせて鐘や太鼓をたたいて踊ることです。平安時代に空也がはじめたとされていますが、その空也を崇拝していた一遍が、踊念仏をおこない、有名になっていきました。この踊念仏は、室町時代以降は芸能化して娯楽的色彩が強まっていきましたが、歌舞伎などもそれから生まれたもののひとつなのだそうです。

 

宝厳寺 本堂 Hon-do ( Main Hall )

本堂 Hon-do ( Main Hall )

本尊は阿弥陀仏。また、中には重要文化財の一遍上人立像があります。この像は、寄木造で、高さが113.9センチメートル。文明7年(1475)の作とのことです。

 

 

< 012 銀閣寺 014 興福寺 >

データDeta /アクセスAccess

山号 豊国山
寺号 宝厳寺
別称等 豊国山遍照院宝厳寺
所在地 Address 愛媛県松山市道後湯月町
宗派 時宗
寺格
本尊 阿弥陀如来
創建 Since 天智天皇4年 / 665
開山  
開基 乎智宿弥守興(おちすくねもりおき 越智守興)
札所等  
文化財等

(愛媛県指定史跡)一遍上人の誕生地

時宗の三大聖地
宝厳寺(愛媛) 遊行寺(神奈川) 真光寺(兵庫)

URL 一遍上人の誕生地 松山市ホームページ

▲top